アパレル業界では、転職することが当たり前です。

そのため、勤続年数は他の業界と比べて非常に短くなっています。

人気アパレル企業のアダストリアは平均勤続年数は6年です。

つまり、ほとんど6年以内に辞めてしまっている会社ということになります。

下記は2019年から2020年のアパレル会社の平均勤続年数の実績です。

会社名 勤続年数
1位 銀座山形屋 29.2年
2位 オンワードHD 25.4年
3位 パレモ・HD 24.6年
4位 ダイドーリミテッド 23年
5位 ワコールHD 20.6年
6位 ルックHD 20.4年
7位 ワールド 20.2年
8位 グンゼ 20.1年
9位 シャルレ 19.9年
10位 キング 19.7年
11位 サックスバーHD 19.6年
12位 レナウン 19.3年
13位 ヤマトインターナショナル 19.2年
14位 ナイガイ 18.7年
15位 マックハウス 17.2年
16位 アツギ 16.8年
17位 ラピーヌ 16.2年
18位 山喜 16年
19位 しまむら 15年
20位 MRKホールディングス 14.9年
21位 クロスプラス 14.8年
22位 コナカ 14.8年
23位 東京ソワール 14.7年
24位 ムーンバット 14.6年
25位 コックス 14.6年
26位 ジーンズメイト 14.5年
27位 三陽商会 13.4年
28位 タカキュー 13.1年
29位 キムラタン 13年
30位 タビオ 12.5年
31位 ハニーズHD 12.3年
32位 セキド 12.3年
33位 青山商事 11.8年
34位 西松屋チェーン 11.7年
35位 シーズメン 10.9年
36位 カワサキ 10.5年
37位 京都きもの友禅 9.9年
38位 ライトオン 9.8年
39位 マツオカコーポレーション 9.3年
40位 パルグループHD 8.6年
41位 はるやまHD 8.5年
42位 一や 8.5年
43位 トライアイズ 8.2年
44位 AOKIホールディングス 7.8年
45位 クラウディアHD 7.8年
46位 良品計画 7.4年
47位 ユナイテッドアローズ 7年
48位 ANAP 6.6年
49位 アダストリア 6.1年
50位 サマンサタバサジャパンリミテッド 5.7年

これらは主に情報が公開されている上場企業を中心に資料をまとめたものです。

いかがでしょうか。

勤続年数上位の会社は、ほとんどが卸をしているメーカー系のアパレル企業です。

注目されるのは、勤続年数2位のパレモ。

店舗のほとんどは、郊外のショッピングセンターに入っています。

店舗は地域採用、地域限定社員制度があるので地元でずっと仕事したい人に人気です。

その内訳はナショナル社員159名に対して、エリア社員2,470名です。

特に鈴丹と合併してから、ベテラン社員も増え平均勤続年数も高くなりました。

しかし、売上は2012年をピークに下がり続けています。

現在は、勤続年数第3位の企業ですが10年後は微妙です。

2位のオンワードにしても、ルックやワールドも同じように、10年後はかなり厳しいことが予想されます。

そう考えると、アパレル企業で転職せず長く勤務できる会社はごく限られた数しかないと言えます。

まとめ

アパレル企業は就職しやすく、転職の多い企業です。

また、店舗勤務は出会いの多い職場です。

そのため、女性スタッフは22歳で就職、20代後半には結婚退職する人が多くいます。

その後、子供がある程度大きくなって30代でパートとして復職という方を多く見てきました。

男性の場合、店舗で経験を積んでマネージャーやバイヤーになり他社へ転職する人もいました。

また、営業力を見につけ保険会社に転職する人も比較的を、多く見てきました。

アパレル企業は、店舗勤務では営業力や店舗経営力を学ぶと転職に強くなります。

即戦力として転職しやすいので、転職を考えている人は積極的に自分をアピールすることをおすすめします。

アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト