こんにちは。

ここでは、アパレルに就職するために、たった一つの大切なことをご紹介いたします。

これを知っておけば希望の会社に入りやすくなります。

あなたは、どんなアパレル会社に就職したいですか?

アパレルは会社によって待遇がずいぶんと違います。

休みの多い会社と少ない会社では年間の休日数で1ヶ月くらい違う事もあります。

またアパレル業界の仕事は職種も多岐に渡っています。

そのため、キャリアを積んで何を目指したいのか考えておく必要があります。

転職エージェント

アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト

アパレルの仕事内容

ファッションアドバイザー

ファッションアドバイザー

お店で服を売る仕事です。

ブランドの顔として、お店でお客様に対応します。

ファッションアドバイザーはこんな仕事

 

マネージャー

ファッションアドバイザーや店長を指導する仕事です。

新人育成や人材確保にも携わります。

他にデベロッパーとの家賃交渉も行ったりします。

バイヤー

服や雑貨を買い付けする仕事です。

商品計画を立案します。

セレクトショップや品揃え型店舗の場合、花形職種になります。

バイヤーはこんな仕事

バイヤー

デザイナー

服を作る仕事です。

アパレル業界の花形で一流になるとパリコレにでる人もいますね。

ブランドコンセプトを理解して、ブランドイメージを形にします。

ファッションデザイナーはこんな仕事

コーディネーター

各部署との調整役です。

営業と商品部の間に入ってコミニケションをとります。

業務全般が管轄に行なわれるようにします。

ファッションコーディネーターはこんな仕事

プランナー

ブランド企画を立案したり、新しいプロモーションを行います。

予算を立てたり経営面にも携わります。

 

この他に、システムの仕事や物流、人事、経理など様々な仕事があります。

 

会社によって、ファッションアドバイザーから本社でバイヤーになったりしやい会社と逆にファッションアドバイザーで終わってしまう会社もあります。

会社の方針や教育プランによっても、その後のキャリアも変わります。

まず自分が将来どんなことをしたいのか目指すものを決めておくといいでしょう。

 

また会社によっては人手不足で休みが取れなかったり、残業が多かったりする会社もあります。

人気があり人材が豊富な会社は、休みは取りやすいですが本社に上がることが難しいこともあります。

様々な要素を考えて会社選びをするのがいいでしょう。

 

 

アパレル求人の選び方

ブランドもたくさんあり、アパレル業界にはたくさんの会社があります。

有名ブランドから、量販店舗まで様々な業態もアパレル業界にはあります。

そのブランドによって働き方も大きく変わります。

 

例えば有名なユニクロ。

ファッションアドバイザーの募集も多く、人員も豊富です。

しかし、店長になると残業時間は他の会社の比ではありません。

その分、残業手当もあり給与も良くなりますが、自分の時間も少なくなります。

大型店の店長になれば年収1000万超える人もいます。

しかし、ユニクロで成功してキャリアアップできる人はごくわずかです。

ユニクロのパート・アルバイト募集に応募する前に知っておくべきこと

 

一方、ライトオンやコックス、ハニーズなどの品揃え型専門店だと2~3年経験を積めば店長になり、その後はマネージャーや本社スタッフになりやすい会社と言えます。

しかし、給与面では決して条件がいいとは言えません。

ハニーズやコックスは業界でも年収の低い会社として有名です。

ですが、最短でキャリアアップできる可能性も高くなります。

様々な経験を積みバイヤーになったあと、他のブランドに転職する人もたくさんいます。

どちらを選ぶかはあなた次第とも言えます。

ハニーズのバイトはどうなの、ハニーズの服を着ないといけないの?

 

アパレル業界では、ひとつの会社に長く勤務する人よりも、キャリアアップしながら転職する人が多い業界です。

ブランドには適正年齢もありますから、ファッションアドバイザーとして店舗に立てる期間も限られます。

ファッションアドバイザーとして、同じ店に長く勤務する人は多くはいません。

キャリアアップして、企画に携わるか、販売のプロとして年齢相応のブランドに転職するか、新人教育をする人事担当になるなど様々な道があります。

ひとつの傾向として、優秀なファッションアドバイザーほどキャリアアップしながら転職をしています。

その後は独立して自分の会社を持つか、大手アパレルの役職つくなど高収入を得る人もたくさんいます。

 

 

まとめ

アパレルに就職するために知っておくべきことは、将来どんな仕事をしたいのか具体的な考えを持っておくことです。

ここの目的ははっきりしているかどうかで採用状況も変わります。

漠然とファッションアドバイザーとして入社してしまうと、仕事がきついとすぐに辞めたくなったり、思っていたのと違うと感じ続けることも難しくなります。

2年後に店長、3年後にはバイヤーになり、5年後には自分の企画したブランドを立ち上げたいなどのビジョンを持っておくべきです。

このようなビジョンを持った人は、希望の会社にも入ることができますよ。

転職エージェント

アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト