アパレル業界

この記事はアフィリエイトプログラムを利用していますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

アパレルに就職するために知っておくべきこと。

アパレル業界に就職したいと考えている方は多いでしょう。

ファッションに興味があり、クリエイティブな仕事に就きたいと思う方にとって、アパレル業界は魅力的な選択肢です。

しかし、アパレル業界で成功するためには、特定の知識とスキルが必要です。

この記事では、アパレル業界に就職するために知っておくべきポイントを詳しく解説します。

 

アパレル業界の基本的な知識

アパレル業界の主要な職種

アパレル業界には様々な職種があります。例えば、デザイナー、バイヤー、マーケティング、販売、品質管理などがあります。デザイナーは新しいファッションアイテムを創造し、バイヤーは商品の選定と仕入れを担当します。マーケティング担当者はブランドのプロモーションを行い、販売員は店舗でお客様に直接商品を提供します。品質管理担当者は製品の品質を確保するために必要な検査を行います。それぞれの職種には異なるスキルセットが求められるため、自分に合った職種を見つけることが重要です。

トレンドの理解と分析

アパレル業界ではトレンドの理解が非常に重要です。流行の変化を敏感に察知し、それに対応することが求められます。トレンドの予測や分析は、ファッション雑誌、SNS、ファッションショーなどを通じて行います。また、データ分析を活用して消費者の動向を把握することも重要です。例えば、特定のカラーやデザインが今後流行するかどうかを予測し、それを製品開発やマーケティングに反映させることが求められます。

ファッション知識とテクニカルスキル

アパレル業界では、基本的なファッション知識とテクニカルスキルが必要です。ファッションの歴史やスタイル、素材についての知識はもちろん、縫製技術やパターン作成のスキルも重要です。例えば、デザイナーは新しいデザインを形にするために、パターン作成や縫製の技術を理解している必要があります。また、デジタルツールを使ったデザインやプロトタイピングも増えているため、これらのツールを使いこなすことが求められます。

アパレル業界でのキャリアパス

初めての職場選び

アパレル業界でのキャリアをスタートする際、初めての職場選びは非常に重要です。大手ブランドでの経験はもちろん価値がありますが、中小企業やスタートアップでも多くの経験を積むことができます。例えば、小規模なブランドでは、幅広い業務に携わることができ、より多くのスキルを身に付けることができます。一方、大手ブランドでは、専門的な役割に集中し、深い専門知識を得ることができます。

キャリアアップの方法

アパレル業界でキャリアアップするためには、継続的な学習とスキルの向上が不可欠です。例えば、ファッションに関連する資格を取得することで、専門知識を証明することができます。また、業界内でのネットワーキングも重要です。ファッションショーや業界イベントに参加し、人脈を広げることで、新たな機会を得ることができます。さらに、実績を積み重ねることで、信頼を得てキャリアアップを目指すことができます。

海外での経験

アパレル業界では、海外での経験も大きなアドバンテージとなります。特にファッションの中心地であるニューヨーク、パリ、ミラノなどでの経験は、グローバルな視点とネットワークを広げることができます。例えば、インターンシップや短期留学プログラムを利用して、海外のファッション業界での経験を積むことができます。また、海外ブランドでの勤務経験は、国際的な視野を持ったプロフェッショナルとして評価されることが多いです。

アパレル業界で成功するためのスキル

コミュニケーションスキル

アパレル業界では、効果的なコミュニケーションスキルが非常に重要です。例えば、デザイナーは自分のアイデアをチームやクライアントに伝える必要があります。バイヤーは仕入れ先との交渉を行い、販売員は顧客とのコミュニケーションを通じて販売を促進します。したがって、明確で説得力のあるコミュニケーション能力は、アパレル業界で成功するための基礎となります。

創造力と問題解決能力

アパレル業界では、創造力と問題解決能力が求められます。新しいデザインを考案するための創造力はもちろんのこと、製造や販売の過程で発生する問題を解決する能力も重要です。例えば、生産ラインでのトラブルや販売不振の原因を特定し、それに対する解決策を迅速に考え出すことが求められます。これらのスキルは、実際の業務を通じて磨かれていきます。

チームワークとリーダーシップ

アパレル業界では、多くのプロジェクトがチームで進行します。そのため、効果的なチームワークとリーダーシップスキルが重要です。例えば、デザインチームやマーケティングチームでの協力が必要です。また、プロジェクトをリードする立場に立つこともあります。その際には、メンバーの意見を尊重しながら、目標に向かってチームを導くリーダーシップが求められます。

 

アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト

アパレルの仕事内容

ファッションアドバイザー

ファッションアドバイザー

お店で服を売る仕事です。

ブランドの顔として、お店でお客様に対応します。

ファッションアドバイザーはこんな仕事

 

マネージャー

ファッションアドバイザーや店長を指導する仕事です。

新人育成や人材確保にも携わります。

他にデベロッパーとの家賃交渉も行ったりします。

バイヤー

服や雑貨を買い付けする仕事です。

商品計画を立案します。

セレクトショップや品揃え型店舗の場合、花形職種になります。

バイヤーはこんな仕事

バイヤー

デザイナー

服を作る仕事です。

アパレル業界の花形で一流になるとパリコレにでる人もいますね。

ブランドコンセプトを理解して、ブランドイメージを形にします。

ファッションデザイナーはこんな仕事

コーディネーター

各部署との調整役です。

営業と商品部の間に入ってコミニケションをとります。

業務全般が管轄に行なわれるようにします。

ファッションコーディネーターはこんな仕事

プランナー

ブランド企画を立案したり、新しいプロモーションを行います。

予算を立てたり経営面にも携わります。

 

この他に、システムの仕事や物流、人事、経理など様々な仕事があります。

 

会社によって、ファッションアドバイザーから本社でバイヤーになったりしやい会社と逆にファッションアドバイザーで終わってしまう会社もあります。

会社の方針や教育プランによっても、その後のキャリアも変わります。

まず自分が将来どんなことをしたいのか目指すものを決めておくといいでしょう。

 

また会社によっては人手不足で休みが取れなかったり、残業が多かったりする会社もあります。

人気があり人材が豊富な会社は、休みは取りやすいですが本社に上がることが難しいこともあります。

様々な要素を考えて会社選びをするのがいいでしょう。

 

 

アパレル求人の選び方

ブランドもたくさんあり、アパレル業界にはたくさんの会社があります。

有名ブランドから、量販店舗まで様々な業態もアパレル業界にはあります。

そのブランドによって働き方も大きく変わります。

 

例えば有名なユニクロ。

ファッションアドバイザーの募集も多く、人員も豊富です。

しかし、店長になると残業時間は他の会社の比ではありません。

その分、残業手当もあり給与も良くなりますが、自分の時間も少なくなります。

大型店の店長になれば年収1000万超える人もいます。

しかし、ユニクロで成功してキャリアアップできる人はごくわずかです。

ユニクロのパート・アルバイト募集に応募する前に知っておくべきこと

 

一方、ライトオンやコックス、ハニーズなどの品揃え型専門店だと2~3年経験を積めば店長になり、その後はマネージャーや本社スタッフになりやすい会社と言えます。

しかし、給与面では決して条件がいいとは言えません。

ハニーズやコックスは業界でも年収の低い会社として有名です。

ですが、最短でキャリアアップできる可能性も高くなります。

様々な経験を積みバイヤーになったあと、他のブランドに転職する人もたくさんいます。

どちらを選ぶかはあなた次第とも言えます。

ハニーズのバイトはどうなの、ハニーズの服を着ないといけないの?

 

アパレル業界では、ひとつの会社に長く勤務する人よりも、キャリアアップしながら転職する人が多い業界です。

ブランドには適正年齢もありますから、ファッションアドバイザーとして店舗に立てる期間も限られます。

ファッションアドバイザーとして、同じ店に長く勤務する人は多くはいません。

キャリアアップして、企画に携わるか、販売のプロとして年齢相応のブランドに転職するか、新人教育をする人事担当になるなど様々な道があります。

ひとつの傾向として、優秀なファッションアドバイザーほどキャリアアップしながら転職をしています。

その後は独立して自分の会社を持つか、大手アパレルの役職つくなど高収入を得る人もたくさんいます。

 

 

まとめ

アパレルに就職するために知っておくべきことは、将来どんな仕事をしたいのか具体的な考えを持っておくことです。

ここの目的ははっきりしているかどうかで採用状況も変わります。

漠然とファッションアドバイザーとして入社してしまうと、仕事がきついとすぐに辞めたくなったり、思っていたのと違うと感じ続けることも難しくなります。

2年後に店長、3年後にはバイヤーになり、5年後には自分の企画したブランドを立ち上げたいなどのビジョンを持っておくべきです。

このようなビジョンを持った人は、希望の会社にも入ることができますよ。

 

アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

pierrot

アパレル歴20年。アパレル会社転職6回、店長、バイヤー、コーディネーター、プランナーとキャリアアップしながらアパレル業界の多岐に渡った経験と知識をブログを通して発信中。 アパレル会社で働く後輩のための転職アドバイスや最新のファッション業界や通販情報を公開中。

-アパレル業界職種、現状と今後