ユナイテッドアローズの就職は難しいのでしょうか。

ここでは、ユナイテッドアローズの中途採用や転職の評判をご紹介します。

アパレル業界の中では人気の有名なユナイテッドアローズ。

セレクトショップで株式を公開しているただ一つの上場企業です。

アパレル企業の中では最大手で安定性もあり、ファッション業界では憧れの会社のため、中途採用の就職難易度はかなり高いと予想されます。

そこで、ユナイテッドアローズの年収や給料は、転職の難易度、ユナイテッドアローズの評判や口コミなど

ご紹介します。

 

ユナイテッドアローズの年収・給料・評価制度

ユナイテッドアローズ

実際にユナイテッドアローズで働いている人のヒヤリングを集計すると平均年収は354.7万円くらいになります。

ただユナイテッドアローズの「有価証券報告書」で確認すると平均年収は463万円ほどとなっています。

「有価証券報告書」体裁を整えるためによく見えるように書かれています。

役員などの高額報酬の年収が入ることで高くなっていますが、一般社員の平均年収は350円ほどで役員が平均年収を押し上げています。

実際の給料などは、転職サイトは就職情報を参考にするとより正確な平均年収がわかります。

平均年齢は31.4歳と比較的若い会社です。

つまり比較的給料の安い社員がたくさんいて、成り立っています。

逆に考えてみると、30代になると転職して、他のアパレルメーカーに行く人も多いと言えます。

ユナイテッドアローズの年齢別年収

20代前半 約250万
20代後半 約300万
30代前半 約350万
30代後半 約400万
40代前半 約450万

ユナイテッドアローズではキャリアアップしてグレードを上げないと給料は上がらなくなります。

年齢で少しは上がりますが、450万以内の年収で止まってしまいます。

給料を上がるためにはキャリアアップして15段階あるグレードを上げるしかありません。

ユナイテッドアローズの給与は15段階のグレード制があり、昇格には試験があります。

人事考課点と昇給試験の結果でグレードが上がります。

グレードが上がるにつれて基本給や賞与がアップして、グレード10までが一般職、11以上から管理職です。

年齢や勤続年数関係なく実績を出せば、昇格のスピードが早くなります。

つまり、30代でステップアップできない場合は、他社に転職して給料を上げるしかないとも言えます。

 

ユナイテッドアローズの評判

ここでは、ユナイテッドアローズで実際に仕事をしている人の評判を確認してみましょう。

私の後輩も何人かユナイテッドアローズに転職しています。

たまにショップに行き買い物がてらよく話を聞きます。

 

ユナイテッドアローズで働くメリット

ユナイテッドアローズでは、男女の差別なく昇格ができる制度が整っています。
女性の店長もたくさんいます。
産休育休もしっかりと整っており、安心感がある。その後の時短勤務も可能であり、女性にとってはかなり働きやすい環境。

接客応対をとても大切にしていて、お客様が心で求めているものを察知し、商品を提案することで、自分を信頼してくれる顧客ができます。

そしてコーディネートでまとめ買いを購入を決めて頂けたときは、販売員としてのやりがいや喜びを感じる事ができます。

感謝の言葉がいただけることがやりがいにつながります。

デメリット

時短勤務もできますが、店舗によっては、人数が少ないところだとお子さんの体調不良などでも休みをとりづらいところもあります。

繁忙期はどうしても、丁寧な接客よりも人数をこなすことになるので、スタッフ人数が少ないときはとても忙しいので人員を増やすこと。

セール時期になると直前の準備がかなり大変です。あとセール時期は連勤になります。(その分後日に連休は頂けます。)

 

給料について

販売員だと最初年収250万円くらいです。
研修を終えて、3か月後は自動的に正社員になれます。その後、試験に合格すれば昇給でき、給料が上がります。

この試験に合格できるかどうかで、給料がかなりアップする。確実に努力すれば昇給できる。

ノルマはないが、数字として売り上げ実績を見れる体制になっています。

そして、店舗での販売実績と、個人の実績に応じて多少ではあるがインセンティブがあります。

一人ひとりちゃんと評価してくれる。

ただし、取り扱う商品がエリアによって差があるのと、配属店舗によって売れやすさ等に違いが出てきます。

これで収入が変わることも多々あります。

高額帯の商品を多く取り扱う都心の店舗であればかなりの売り上げを上げることも可能です。

そして、試験は年に1回しかないので、不合格になると一年待つことになります。
アパレル企業としては給料は最低限保証されています。

大卒と専門学校卒の給料の差もなく、グレード制になっていて階級が上がれば年収が大きく上がります。
階級が上がらなければ給料は全く上がりません。

 

休みについて

ユナイテッドアローズの平均残業時間は22.8時間くらいです。
有給消化率(年間平均)53.3%、 休日(年間平均)117.9日と休みは多い会社と言えます。

休日が多くプライベートが充実します。
固定の公休制ですが、希望休は取りやすい体制になっています。
また、年2回長期休暇もあります。

ただ、立ち仕事であることから非常に体力が必要です。

そして、セール期は深夜まで残業して店舗準備をする必要があります。

シフト制ですが、バイトの代わりなども社員が対応することが多り、休めなくなることもあります。

 

ユナイテッドアローズ退職理由

ユナイテッドアローズを退職する理由のひとつに、中途入社は新卒よりも年収が低くなる傾向があるということです。
給与面以外は申し分ないのですが、給与面での対応を問題視する人がいます。
また、店長による点数制度でグレードが変わる為、なかなか昇格しないなどもあったようです。

私の後輩も新卒よりも給料が低いことを理由に辞めました。

 

転職面接について

ユナイテッドアローズにはたくさんのブランドがあり店舗もたくさんあります。

そのため、いつも利用しているのかを聞かれます。

お客様としてのその店舗の雰囲気についてや改善した方がいい点なども聞かれることがあります。

会社全体がお客様のためにどうするのかという視点が求められます。

常に、お客様のためにを頭に面接の受け答えをすると期待される返答ができます。

面接を何回か受ける中で配属ブランドが大体決められます。

そのため面接を意識しすぎず、自分らしいコーディネートをしましょう。

笑顔で明るく、そして積極的に話すことが大切です。

なぜユナイテッドアローズなのかは確実に聞かれる質問です。

そこを深掘りされるので徹底して対策しましょう。

志望動機や今までの経験についての質問もよく聞かれます。
志望動機をしっかりと応えられるようにすることと今まで頑張ってきたことを深掘りしてしっかりと応えられるようにしておけば特に問題はないです。

 

新卒採用のケースは、書類選考からはじまり、一次面接になります。
一次面接を通過すると、学力テストと性格診断があります。

性格診断だけでなく信用尺度も見れるテストなので嘘は書かないようにしましょう。
テストの結果に関係せず、2次面接がありそこを通過すると最終面接になります。

 

 

会社概要

会社名:株式会社ユナイテッドアローズ
URL:http://www.united-arrows.co.jp/
本社所在地:東京都渋谷区神宮前3丁目28番1号
代表者名:竹田 光広
残業時間:22.8時間/月
有給消化率:53.3%/年

募集している求人情報例

ユナイテッドアローズでは、非公開でよく本部スタッフの求人がでています。
しかし、本部スタッフになる場合は、経験豊富な人が条件になるようなので非公開求人になっています。
転職サイトなどに登録することで確認することができます。
下記は当時の募集職種です。

株式会社ユナイテッドアローズ
経理
非公開求人
勤務地:東京都

株式会社ユナイテッドアローズ
メンズ企画・デザイナー
非公開求人
勤務地: 東京都

株式会社ユナイテッドアローズ
グリーンレーベルリラクシングのウィメンズデザイナー
非公開求人
勤務地: 東京都

ユナイテッドアローズでは各店舗採用をしています。
販売員としての採用になります。

応募資格

学歴不問
アパレル業界に興味のある人
ファッションが好きな人

アパレル業界未経験者でも応募できます。

給料は月給18~25万円で、はじめに3ヶ月の試用期間があります。

試用期間中はアルバイト採用です。

店舗や地域によって異なりますが、時給900~1000円からのスタートです。

最初はアルバイトの販売員としての採用ですが、能力次第で年齢・勤続年数関係なく店長(正社員)へ昇格することも可能です。

本部採用は経験豊富な人でないと難しいようです。

転職採用は「即戦力人材」が求められています。

まったくの未経験者が応募することができません。

ユナイテッドアローズの本部採用で転職希望なら、まず他社で実務経験を積んでから応募しましょう!

 

まとめ

ユナイテッドアローズは、アパレル業界の中でも年収や福利厚生がいい会社です。

ファッションが好きな人が集まっているので、スタッフ同士の仲も良く、女性が長く働ける環境が整っています。

また、販売職は未経験者でも応募することができます。

ただし、人気の会社のため難易度は高くなります。

正社員での転職は、即戦力である人材が求められます。

なりたい職種が未経験の場合は、他で実務経験を積んでからになります。

アパレルの仕事は、

体力、販売力、接客力

が必要です。

そして土日祝勤務は基本です。

「ファッションは好きだけど、接客には自信がない…」

「お客様と話すのは苦手…」

「土日祝は休みたい…」

という人は、考え直した方がいいでしょう。

「自分に合う会社で働きたい」「自分に合う会社を知りたい」という人は、

あなたに向いてる仕事・会社を紹介してくれる転職エージェントに紹介してもらいましょう。

アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト