クリーデンスの評判と求人内容

「クリーデンスの評判はよいの?」

「クリーデンスの求人は多いのか?」

結論、

クリーデンスは、アパレル求人の保有数が業界トップクラスで、利用者の大半からは評判がいい。

アパレル業界特有の求人も豊富にある。

そのため、アパレルへの転職を考える人は、利用を検討すべきサービスと言えます。

 

ただし、どんな転職エージェントにも言えますが、

担当者によっては対応が悪いと感じるケースもあります。

 

これが、一定数の人がクリーデンスの評判は悪いと思う理由です。

対応の悪い担当者に対する対策は1つ。

まず、自分の意思をハッキリさせてください。

そうでないと、あまり会社を紹介されず、なかなか会社は決まらないことになります。

やりたい職種があるなら、ガンガン求人をお願いする。

意欲があると思われドンドン転職先を斡旋してくれます。

こういった人は、比較的早く転職が決まります。

逆に、意思がハッキリしていないとなかなか転職先も決まらないことも多いのが事実。

実は、採用する立場としても、何をやりたいのかハッキリしている人は採用しやすのです。

ココでは、クリーデンスを活用してアパレル業界で転職を成功させたい人に有益な情報を提供できればと存じます。

また、クリーデンスを上手に活用する5つもポイントも解説いたします。

ファッション・アパレル業界の転職ならCREDNCE(クリーデンス)公式サイトへ

クリーデンスの評判

クリーデンスの評判は口コミサイトを参考にするといろいろ見えてきます。

まず、クリーデンスの口コミをご覧ください。

興味のあるものを選べる

ここのサイトを使う前、別の求人サイトで職を探していたのですがここを見て驚きました。まず求人数が違います。本当に豊富でそこから探せます。大手の企業も沢山求人していました。
また、不安なことがあった時に担当者様に質問させて頂いたのですが丁寧に対応して下さりました。そういった点でも優れているサイトだと思います。履歴書のことなど細かい疑問にも丁寧に対応してくださるので、無料相談を受けてみて損は無いはずです。

 

時間の無駄でした

初めてのアパレル転職でしたが、全てにおいて淡々とこなされました。希望を伝えてもあまり希望に合わせた条件で選ばず急かされる日々でした。なぜアパレルがいいのかと聞かれ答えた所そんな風に思ってると思わなかったと。失礼で正直びっくりしました。絞った中でエントリーをして頂いておりましたが全て自分を否定されるような理由でダメでしたと言われ、毎回連絡が来るのが苦痛でした。サポートをしている感じはあるものの全てにおいて早く決めたいという相手都合でとても気分が悪かったです。

 

希望している業界の求人を重点的に探すことができました

転職活動をしていましたが、なかなか満足できる求人を見つけられません。アパレル業界を希望しているので、重点的に探すことにしました。
クリーデンスならば、アパレル業界の求人が多いという評判だったので登録してみました。その結果、以前から気になっていたメーカーの求人を見つけることができました。
しかも、面接の対策などの相談にのってくれます。おかげで、無事に希望の求人に採用されましたから、登録して良かったです。

 

ファッション業界の求人に特化

都内でショップスタッフとして働いていたのですが、もっと上を目指したいと思いクリーデンスさんで転職活動を行いました。
ファッション業界の求人に特化している転職エージェントなので、私が憧れていたショップの求人が多かったのがよかったです。
担当の方が書類の書き方から面接での応対についてきめ細かくアドバイスをしてくれたおかげで、憧れの外資系セレクトショップに転職することができました。

 

働きながらの転職活動がしやすかったです!

アパレル業界で働きながらの利用でしたが、アパレル業界の事情に精通しているので他の転職エージェントよりも転職活動が進めやすかったです。
また業界の知識が豊富なキャリアアドバイザーが在籍しているので、相談もしやすいと思います。
アパレル業界での経験は浅いほうでしたが、希望に沿う求人をいくつか紹介してもらうことができました。
仕事をしながらということもあって転職までは数ヶ月かかりましたが、サービスの質が高く選んで正解だったと思います!

 

運良く希望の勤務地を見つけられました

以前から服飾関係を希望していて大学卒業後はアパレル関係の仕事につければと考え、ネットで求人情報を探していたらこのサイトに辿り着きました。
好きなブランドに携わって仕事ができるので今では楽しく毎日を送っています。他では募集していなかったブランドの求人だったので、ここで見つけることができて良かったです。
年末だけや単発の期間限定求人も多かったので当初はそっちも考えましたが、今では長く務められそうな勤務地に巡り合えて助かっています。

 

使えない

1度目のヒアリングで使えない求人を紹介され、当たり前に辞退したらそこから音沙汰無し

使えません

 

相談して良かった

キャリアアップを考え始めた時に、ファッション関係の求人が多いクリーデンスに出会いました。
担当者の方は私と同じ年齢という事もあり、現状の仕事の悩みなども理解していただき、非常に親身になって転職活動を支援してくれました。
カウンセリングでは将来を見据えて今後どういったキャリアを築いていくか、自分の強みや弱みなど改めて見直す良い機会になり、自分自身では気付けなかった部分も発見することが出来ました。
さらに、担当者の方の客観的な視線で転職先を提案していただき、選択肢を広げられた事も大変良かったと思います。

いかがでしょうか。

概ね、クリーデンスの評判はいいと言えます。

しかし、クリーデンスに対して悪い印象を持つ方がいるのも事実です。

どこの会社にも、対応がよくない担当者は必ずいます。

残念ながら、クリーデンスも同様のようです。

そのため、自分の意思をしっかり伝えて担当者の気持ちを動かすことも必要です。

意欲のある人に接すると、自然と相手も一生懸命になります。

すると、転職も成功しやすくなります。

あきらめないでください。

あなたが、何をやりたいのか明確な意思を持つようにしてください。

ファッション・アパレル業界の転職ならCREDNCE(クリーデンス)公式サイトへ

『クリーデンス』の評価

クリーデンスは、「doda」を運営する人材業界No.2のパーソルキャリアが運営するアパレル業界専門転職エージェント

アパレルに特化したサービスでは、業界最大級になります。

利用者は、累計18万人以上になります。

利用者の口コミをまとめてみると

下記のようなクリーデンスのメリット・デメリットがあることがわかります。

メリット デメリット
  • アパレルの求人数が業界最大級
  • 非公開求人が全体の75%を占めている
  • 業界出身者がアドバイザーを務めている
  • アパレル未経験者はサポートを断られることがある
  • 東京・大阪以外の求人が少ない

では、もう少し詳しくクリーデンスのメリット・デメリットについて解説いたします。

クリーデンスのメリット

口コミから確認したクリーデンスのメリットは3つにわけることができます。

  • アパレルの求人数が業界最大級
  • 非公開求人が全体の70%を占めている
  • 業界出身者がエージェントを務めている

アパレルの求人数が業界最大級

クリーデンスのメリットは、アパレル業界の求人数が業界最大級であることです。

アパレル業界専門転職エージェントというだけに、2021年9月の時点で、3,400社以上の求人数を保有しています。

https://www.crede.co.jp/

この求人の多さの利用は非公開求人にあります。

非公開求人は、企業が応募者の選別を転職エージェントに任せている求人です。

大手企業には、たくさんの応募があります。

人事担当者が全てチェックするのは大変な作業になります。

そのため、転職エージェントに大まかな選別をしてもらい

ある程度絞られた人材の中から、採用を決めています。

また、アパレル業界には多くのOEM製造企業があります。

これらの企業は規模が小さく人事部なんて立派なものはありません。

しかし、デザイナーやパタンナーといった専門職の求人を募集しています。

こういった会社は、デザイナーとしての専門職の経験を積むのにもいい会社ですので、

専門職で転職を考えている人にもおすすめです。

クリーデンスは、アパレル業界専門の転職エージェントです。

しかし、様々な職種を取り揃えているため、業界自体が未経験でもできる職種もあります。

クリーデンスが扱う職種

  • ファッションデザイナー
  • パタンナー
  • MD(マーチャンダイザー)
  • アパレルバイヤー
  • アパレル生産管理/物流/貿易
  • アパレル営業
  • マーケティング
  • プレス/販促/VMD
  • 店長/販売/店舗系
  • WEB/EC
  • IT/システム
  • アパレル事務
  • 商品企画/開発

クリーデンスは、求人数が多いだけではありません。

アパレル業界ならではの職種も豊富に募集があります。

アパレル業界経験者・そして未経験者の方にもおすすめできるサービスと言えます。

非公開求人が全体の70%以上を占めている

クリーデンスは、非公開求人が全体求人の70%以上を占めています

非公開求人とは

  • Web上には公表されていないシークレットな案件
  • 一般募集すると応募が殺到するような好待遇な案件
  • 企業側が条件に合う人だけを選別して紹介させる案件

つまり、非公開求人が全体の60%を占めているということは、転職エージェントに登録しなけらば見つけられない求人を多数保有しているということです。

実際に、あまりにも多数の応募が集まると人事は対応に追われます。

そのため、転職エージェントに応募者を絞ってもらい求人を募集している会社がたくさんあります。

人事部は、新卒採用や社内の人事教育で普段は手一杯なのが実情です。

ファッション・アパレル業界の転職ならCREDNCE(クリーデンス)公式サイトへ

業界出身者がアドバイザーを務める

クリーデンス評判

クリーデンスは、アパレル業界出身者がアドバイザーを務めています。

アパレル業界には、特殊な事情やルールがあります。

クリーデンスでは、業界情報をしっかり踏まえた上での的確なアドバイスをもらうことができます。

 

クリーデンスは、メリットばかりではありません。

クリーデンスにもデメリットはあります。

次に、クリーデンスのデメリットについて解説いたします。

クリーデンスのデメリット

クリーデンスにも、デメリットとなることがあります。

それは、以下の2つ

  • 未経験者はサポートを断られる案件がある
  • 東京・大阪以外の求人が少ない

未経験者はサポートを断られる案件がある

クリーデンスは、未経験者でも登録できます。

しかし、職種によってはサポートを断られる可能性もあります。

これは、クリーデンスというよりアパレル業界特有のデメリットになります。

販売スタッフなら、業界未経験でも問題ありません。

しかし、デザイナーやパタンナーなど専門スキルを要する職種は、話が違います。

実際の口コミでも、

未経験で専門職へのチャレンジ。しかし、サポートを断られた

ファッションが好きだったので未経験ですがデザイナー希望でクリーデンスに登録したところ、
「未経験で専門職へのチャレンジは難しい」と言われてしまいました。
結局、ファッションデザイナーの道は諦めて、同じ事務職の仕事に転職しました。

といった方がいました。
技術が問われるデザイナーやパタンナーの募集は、必要としている会社です

未経験者を育成できる状態にない会社だから募集があります。

未経験からデザイナーやパタンナーの応募はかなり厳しいと言えます。

デザイナーやパタンナーの新規採用は、専門学校・服飾系大学卒業の基礎知識ある新規採用で行います。

集合研修や、現場研修などを経て配属されます。

教育スタッフが指導して、経験を積んでいくことになります。

また、アパレル求人の大多数が販売スタッフです。

大手アパレルの場合、登用制度があり、通信教育等で知識を身に着け、社内公募などで採用のチャンスもあります。

未経験から、専門職の転職を目指すなら、販売スタッフから入社して、商品部へのステップアップも検討するようにしましょう。

 

東京・大阪以外の求人が少ない

クリーデンスのデメリットとして、東京・大阪の求人以外が少ないことがあります。

実際、下記の表を見てみると、東京がほとんどになります。地方の求人の割合の少なさがよくわかります。

クリーデンス求人

※公開求人のみの割合

そのため東京以外での転職を考えている場合は、選択肢が限られます。

しかしながら、アパレル企業は大半が東京や大阪に本社を持ち多店舗展開しています。

商談をするのに、取引先が多い東京や大阪になるのは必然的なことです。

これはアパレル業界の転職を考える場合は、避けられないデメリットになります。

店舗運営も人口が多い地域でないと売上高も少なくなりますので、

大都市圏の出店が中心になります。

地元企業のアパレル会社もありますが、会社の数で比較してみると東京が多くなってしますのは必然的なことになります。

クリーデンスのメリット・デメリットについて解説いたしましたが、いかがでしょうか。

ファッション・アパレル業界の転職ならCREDNCE(クリーデンス)公式サイトへ

次は、クリーデンスの利用がおすすめな人についてご紹介します。

クリーデンスの利用がおすすめな人

クリーデンスの利用に向いている人の以下に当てはまる人です。

  • アパレル業界の転職を考えている人
  • アパレルで他の職種の求人を探している人
  • 東京や大阪に住みたい人

クリーデンスは、アパレル業界の転職を目指しているのなら、おすすめできるサービスと言えます。

クリーデンスに登録したらすべき5ポイント

最後に、クリーデンスに登録したら効果的に利用できる5つのポイントについて解説いたします。

担当コンサルタントを評価する

担当コンサルタントにも相性があります。

性格が合わなかったり、対応に不満があれば遠慮なく変えてもらいます。

あなたの将来がかかった大事な転職です。

いい加減な人には、対応してもらいたくないですよね。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更依頼メール参考

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

私の担当の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしております。

しかし、少し話が合わないこともあり、他の方のご意見も是非お伺いしたいと思います。

もし可能なら、他のコンサルタントの方とも一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては、すべて記録として残ります。

アパレル業界は転職が多く、横のつながりがあります。

そのため、コンサルタントよく話題になります。

「この人登録している職歴では、実際にその部署にはいないらしい・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として扱われてしまします。

クリーデンスで紹介された人が多く入社しているアパレル業界。

結果、情報交換も密で仕事を紹介しやすかったり、職歴を確認しやすかったりなっています。

推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きます。

しかし、コンサルタントによっては経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るので、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいきます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

『OpenWork』

クリーデンスから紹介された会社。

どんな会社か知らない会社もあることがあります。

そんなときは、口コミサイトの『OpenWorkを利用してみましょう。

会社の口コミがたくさん書かれていて、社風や雰囲気をあらかじめ知ることができます。

上場企業であれば、だいたいの会社は口コミがあります。

ぜひ利用してください。

クリーデンスに登録してから

クリーデンスに登録したら、転職活動が始まります。

初めて使う方は不安だと思いますので、登録後について簡単に解説いたします。

クリーデンスサービス

 まずは公式ページから登録

それぞれの公式ページから登録を行います。

クリーデンス

必要事項を記入します

 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

そして、下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイントをとります。

担当者によっては、初めからアポイント調整に入る人もいます。

キャリアカウンセリング

あなたがクリーデンスのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。

最近では、コロナの影響により、オンライン面談も行われています。

初回面談では下記のようなことを話します。

  • あなたのキャリアの確認
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングでは、気づかされることがたくさんあります。

多くのコンサルタントに意見をもらえば、それだけ自分の考えもまとまりやすくなります。

求人紹介

あなたの希望に合いそうな求人を5件から10件ほど紹介してもらえます。

大手から、名前も知らない中小企業もあります。

クリーデンスであれば、主な企業の紹介はだいたいあります。

 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類の添削があります。

模擬面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきます。

紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

この推薦文は転職エージェントを活用する最大のメリットとなります。

求人サイトから自分で応募した場合、推薦文はありません。

応募を受ける企業も、クリーデンスの信用で最初から評価が高くなります。

面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか。

今までの経験の中で、何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスがあります。

希望すれば模擬面接を実施してくれます。

企業との面接

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合は、何が問題だったのか、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックがあるため、次の面接に生かすことができます。

これも、転職エージェントを利用する最大のメリットです。

内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなども相談にのってくれます。

 まとめ

今回は、クリーデンスの評判について解説させていただきました。

結論として、

アパレル業界で転職を考えるなら、基本的におすすめできるサービスであると言えます。

一度相談くらいの気持ちで登録してみることもおすすめします。

ファッション・アパレル業界の転職ならCREDNCE(クリーデンス)公式サイトへ