アダストリア辞めたいと思ったとき。

アダストリアで働いていて辞めたい。

まだ1年も働いてないのですが非常に辞めたい。

環境や人間関係が合わずに嫌で嫌で仕方ない。

正社員ではなくフルタイマーとして働いた場合は給料も少ない。

だけど、辞めますが言い出せません

こんなに時、どうしたらいいのでしょうか?

まず、最初に思い出してください。

あなたは、アダストリアでどんなことがしたかったのですか?

アダストリアの他の店舗や、ライバル店舗のスタッフとあなたを比較してみてください。

今働いているお店と明らかに環境や人間関係が違えば、他に転職すべきです。

お店という環境が合わなければ、他の業界とも比較してみた方がいいかもしれません。

いずれにせよ、我慢してまで働く必要はありません。

どうしていいかわからない場合

あなたがその会社で5年後どうしているか

想像してください

キャリアアップして、仕事してると想像できるなら続けるべきです。

しかし、今と変わらないか、5年後が想像できないなら

辞めるべきです。

自分の人生大切にしましょう。

やりたい仕事みつけましょう。

会社辞めれない

もし、あなたが辞めたくても辞めれない状況なら
あなたを助けてくれるこんなサービスもあります。

退職代行Jobsが提供するサービスの案内

他のお店や会社と比べてみると、今あなたの置かれている環境や人間関係が冷静に見ることができます。

その上で、他に仕事を探すなどの選択肢ができます。

アダストリアは、会社も大きく教育制度もしっかりしているとみられる会社です。

だから、アダストリアで仕事していたといえば、アパレルの競合企業ならすぐ採用してくれます。

もしかしたら、給料ももっと高くなるかもしれません。

休みだって多いかもしれません。

アパレル企業は、ホントに会社によって待遇が違います。

上司によっても、環境は大きく変わります。

よりいい環境、よりいい職場に変わるべきです。

我慢は身体によくありません。

アパレル転職人気記事

プロの力を無料で借りてあなたのわがまま条件にピッタリの職場に転職できる。

非公開求人数・転職支援実績は業界トップクラス!

転職成功のノウハウがわかる。

 

アパレルバイトの辞め方

バイト辞め方

バイト辞めたいと思ったとき、どう伝えればいいでしょうか。

できるだけ、揉めることなくスムーズに辞めたいところですよね。

バイトの辞め方・退職のノウハウ色々。

スムーズに辞めたい人のためにシェアします。

 

 

アダストリアキャリアアッププラン

アダストリア辞めたい

アダストリアでは、入社後店舗の販売職からスタート。

接客スキルや売場づくり、スタッフとのチームワークなどの店舗運営力を身につけながら店長を目指します。

店長を経験した後、複数店舗を統括する支店マネジャー、MD、VMD、プレス、人事、経営企画など本社勤務のスタッフなどの職種にキャリアアップできます。

アダストリアで働いてキャリアアップを目指したい人は、頑張って続けるべきです。

しかし、アダストリアで5年頑張っても販売スタッフのまましか考えられないなら

辞めたいと考えたときに、他に転職を考えてみてもいいかもしれません。

アダストリア会社情報

本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ27階
国内店舗数:1,375店舗 

設立:1953年10月22日

資本金:2,660百万円

代表者:代表取締役会長兼社長 福田 三千男

事業内容:衣料品・雑貨等の企画・製造・販売

展開ブランド ◆GLOBAL WORK(グローバルワーク)
◆LOWRYS FARM(ローリーズファーム)
◆niko and …(ニコアンド)
◆studio CLIP(スタディオクリップ)
◆LEPSIM(レプシィム)
◆JEANASIS(ジーナシス)
◆RAGEBLUE(レイジブルー)
◆Heather(ヘザー)
◆HARE(ハレ)
◆apart by lowrys(アパートバイローリーズ)
◆repipi armario(レピピアルマリオ)
◆Andemiu(アンデミュウ)
◆BAYFLOW(ベイフロー)
◆Me%(ミィパーセント)
◆LAKORE(ラコレ)
◆PAS TIERRA(パティエラ)
◆CALEIDO ET BICE(カレイドエビーチェ)
◆bijorie(ビジュリィ)
◆PAGEBOY(ページボーイ)
◆mystywoman(ミスティウーマン)

 

アダストリアの平均勤続年数は5年と業界の中でも非常に短くなっています。

それだけ辞める人が多くいることになります。

キャリアアップを考えて他に転職することを考えてみるのもいいかもしれません。

参考までに他社の平均勤続年数は、

しまむら:13年

ライトオン:10年

タカキュー:13年

ハニーズ:12年

コックス:14年

他の会社と比較して検討してみるといいでしょう。

まとめ

アダストリア辞めたいと思ったら、まずなぜアダストリアに入りたかったのか思い出してください。

そして、アダストリアであなたのやりたいことが今後も続けていけるのか、

それとも、もうアダストリアであなたのやりたいことはできないのか。

よく考えてから決めるようにしましょう。

会社も、上司もあんたの目の前にいる人だけではありません。

あなたに可能性はたくさんあるのです。

なりたい自分を目指しましょう。

アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト