骨格ストレートが絶対に着てはいけないワンピース

骨格ストレートが絶対に着てはいけないワンピースがあります。

残念ながら、骨格ストレートな方が着ると残念な印象で事故るワンピースがあります。

ここでは、骨格診断「ストレートタイプ」の方が絶対に着てはいけないワンピースについて解説します。

結論から言えば、骨格ストレートな人が絶対に来てはいけないワンピースは「着膨れ」してしまうワンピースです。

骨格ストレートのスタイルの良さを生かせないワンピースを着ると着ぶくれします。

骨格ストレートの特徴として、上半身が非常に大きい上重心があります。

横にも大きいし体に厚みもあります。

そのため、スカート部分が広がったワンピースを着ると着ぶくれします。

骨格ストレートの人が、横幅のあるスカート部分が広がったワンピースを着ると上も下も広く見えてしまいます。

また、ウエストを絞っていないストーンとしはワンピースやパフスリーブも絶対に着てはいけないワンピースといえます。

ただし、例外もありますので詳しく説明していきます。

まずは骨格ストレートタイプの特徴について確認してみましょう。

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートとはどんな特徴を持っているのでしょうか。

骨格ストレートの特徴を知ると「似合うワンピース」「似合わないワンピース」がわかるようになります。

【ストレートタイプの特徴】
  • 体全体に立体感があり、メリハリのあるスタイル
  • 上重心
  • 首は身長に対して短め
  • 首から肩までの距離が短めの傾向
  • 横から見ると肩に厚みがある
  • 肩先が丸い
  • 鎖骨があまり目立たない
  • 胸からウエストまでの距離が短い
  • 膝の皿(半月板)が小さく目立たない
  • 太ももに肉がつきやすく、膝から下が細い
  • 横から見ると鎖骨からバストトップまでが直線的
  • 胸に厚みがあり、横から見ると立体的

以上が、骨格ストレートの特徴です。

では、いよいよ絶対に着てはいけない種類のワンピースを詳しく解説いたします。

また、骨ストによく似合うワンピースも合わせてご紹介いたします。

スカート部分の広がったワンピース

スカート部分の広がったワンピース

具体的に言うと

  • フレアスカート型のワンピース
  • ティアードスカート型のワンピース
  • プリーツスカート型のワンピース

です。

なぜ横幅のあるフレアスカート型のワンピースが骨ストにとって着てはいけないのでしょか。

まず、骨格ストレートの特徴として上半身が非常に大きい(=上重心)になることが原因です。

横にも大きいし体に厚みもあります。

つまり、ボトムスも横に広がったものにしてしまうと、上下どちらも大きくなってしまいますね。

そして、結果として「力士体型」に見えてしまいます。

これでは、着膨れは避けられませんね。

 

 

骨格ストレートの人が、

  • フレアスカート型のワンピース
  • ティアードスカート型のワンピース
  • プリーツスカート型のワンピース

これらのワンピースを着たい場合は、どうすればいいのでしょうか。

それは、

  • 「ティアードの段々が少ないもの」
  • 「プリーツのひだひだが少ないもの=表面積が少ないもの」

をチョイスするようにしてください。
フレアスカートは横の広がりが控えめなものを選ぶとよいでしょう。

ウエストが絞られていないストーンとしたワンピース

ウエストが絞られていないストーンとしたワンピース

 

スタイルにメリハリがあり、バストもヒップも大きな骨格ストレートさん。

体にぴったりジャストサイズでフィットする服が似合います。

ジャストサイズのワンピースは、とても素敵に似合うのに、ウエストマークがないワンピースを着てしまうとずん胴になります

これは、どうしてなんでしょうか。

骨格ストレートの特徴は、胸や肩が厚い傾向にあります。

そのため、ウエストマークがないワンピースを着てしまうと、服が胸に引っかかってそのまま下に落ちます。

結果として、バストサイズ=ウエストサイズになってしまいます。

つまり、ずん胴。

ウエストマークのないワンピースによる着ぶくれは、ウェーブタイプで起こりません。

そして、ナチュラルタイプに似合うワンピースです。

上半身が一番正方形にちかく、ずん胴になりやすい骨格ストレートタイプの人が着ると事故ります。

パフスリーブのワンピース

パフスリーブのワンピース

骨格ストレートな方は、グラマラスなボディに比例するように、「肩がたくましい」「腰・お尻が大きい」という特徴があります。

しかし、肩のたくましさとウエスト・腰・ヒップの肉付きの良さは骨スト女性共通の悩みでもあります。

残念ながら骨ストの「肩のたくましさ」を、この上なく強調してしまうのがパフスリーブ

パフスリーブのワンピースを着てしまうと、まるでアメフト選手のように肩が強調されてしまいます。

 

さて、次は骨格ストレートの良さを生かし、苦手な部分を消すようなベストなワンピースをご紹介します。

 

骨ストとは。骨格ストレートの似合う服のコーデ、種類、ブランド、芸能人など骨ストのすべて!

骨格ストレートの人が似合うワンピース

まず、骨格ストレートタイプに似合うワンピ丈はそれくらいなんでしょうか?

これを知っておくと骨ストのワンピース選びで迷うことが少なくなります。

※体を絞っている人などは例外があります。

標準以上の体型の方にはすべて当てはまります。

  • ミニ丈ワンピ:太ももが太くヒザ下が細い傾向のため△
  • ヒザ上丈:太ももが太くヒザ下が細いため、太い部分が隠れて細い部分が出るので◎
  • ヒザ下丈:骨ストにとっては中途半端な丈ですが、良くも悪くもなく〇
  • ミモレ丈:上半身と下半身のバランスが悪く見え、足が短く見えるので×
  • マキシ丈:上半身が大きいため、マキシ丈は上下のバランスが取れるので〇。

骨格ストレートに似合うワンピースの条件は以下の通りです。

  • しっかりウエストマークがある
  • スリーブは、パフスリーブ以外
  • スカート部分は横に広がりすぎない
  • 首元は、詰まっていないもの
  • ノースリーブの場合、肩部分(ストラップ)が詰まっていない

骨格ストレートに似合うワンピース集!

ドレーピースラブ・プリントワンピース

骨格ストレートさんワンピース

 

洗練プリントとラッフル使いが目を引くワンピース。

甘く鮮度のあるラッフルを大人プリントでクラシックに

販売元:DoCLASSE

 

ギャザーキャミワンピース

骨格ストレートさんワンピース

 

 

フェミニンさを取り入れた大人な印象の“ギャザーキャミワンピース”

胸元のギャザーと裾の切り替えがフェミニンさ漂うキャミワンピース。

ふんわり広がるシルエットが体型カバーも叶えます。

販売元:Pierrot(ピエロ)

 

DAZY スクエアネック リブニット ドレス

 

骨格ストレートさん

 

かなり着痩せする!!スタイル良く見える話題のSHEIN発のワンピース。

販売元:SHEIN(シーイン)

 

小花柄ワンピース

骨格ストレートさん

 

ウエストギャザーがメリハリを効かせる小花柄ワンピース

ウエスト部分に施したギャザーが、女性らしいメリハリのあるシルエットを演出

販売元:fifth

DAZY ストライプ ドロップショルダー シャーリングウエスト シャツドレス

骨格ストレートさん

 

SHEINのシャツワンピ、生地が薄いので気をつけてください。

販売元:SHEIN(シーイン)

ドライタッチニット・プリーツワンピース

骨格ストレートさん

プリーツラインでスタイルアップ!総針編みの贅沢ニットワンピ

販売元:DoCLASSE

まとめ

いかがでしょうか。

ここまで、骨格ストレートタイプに似合わない種類のワンピースと、似合うワンピースをご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。