今のアパレル業界は、大学を出て就職する人が多くいます。

特に、大手のアパレル小売企業はほとんど大学卒が占めています。

アパレル業界で販売の仕事は、日々刺激的なことがあって魅力的ですが、肉体的にも精神的にもストレスがたまることもたくさんあります。

 

アパレル業界で販売の仕事メリット

メリット

  • お客様との会話。ありがとうと言ってもらえる。
  • 新商品の情報やセール情報が事前にわかる。
  • 流行色やブームがいち早くわかる。
  • 社員割引で洋服が買える。
  • 有名人がお客さんで来ることもある。
  • 街中で自社商品を着ている人をみかけるとなんか嬉しい。

アパレル業界で販売の仕事デメリット

デメリット

  • 仕事では自社商品着用。売りきれた服や、季節外の服は着れない(2月でも春物を着ないといけないので寒い)
  • 次々自社商品が増えていき、家のタンスがあふれる。
  • 季節が早い服を着るから寒くて、あるいは暑くて体調をくずす。
  • 忙しい時期とヒマな時期の差が大きい。

セールの時は目が回るように忙しい。
でもヒマな時期も、売上がいかない分アルバイトスタッフも少なくなるので、結局社員は忙しい。

・販売員として、次々新しい商品の情報を覚えないといけない。
・立ち仕事は、肉体的にしんどい。

入荷する商品の段ボールは重い。
新商品を運ぶ、並べる、服をたたむのは意外と大変。

立ったまま服を素早くたたむ動作は腰にくる。
・ファッションで履くヒールが痛い…。1日中立って走り回っているので、朝から晩まで残業してると感覚がなくなる。

 

・クレーマーとの戦い。理不尽な申し出を言うお客様もいる。でも、こちらのミスや商品不備でご迷惑をかけてる方がもっとつらい。

・万引きとの戦い。気が抜けない。売り場ではいつも気を張り詰めている。
・笑顔を絶やさない。

 

売上がすべて。

責任が重い。
特に売上と、自分の成長。
そして、アルバイトの育成も大変。

お店を時間どおりに開ける、時間どおりに閉めるのも大変!

ラフォーレなんて昔1分1万円と言われる罰金があった。

朝の準備と夜の後片付けは大変。

まとめ

確かにアパレルは競争が激しい厳しい業界。
しかし、それはどこの業界でも同じようなものです。

デメリットばかり言っていたら、好きな仕事はできません。

服は自信をくれて、自信が福をくれます。

「新人ですか?」ではなく、「ホントに新人ですか?」と言われる人を目指しましょう。

転職エージェント
アパレル業界で転職するならおすすめ転職サイト