ココマイスター本当の評価

ココマイスター本当の評価は、どうなっているのでしょうか。

ココマイスターは、革財布や革小物ブランドとして人気の国内ブランドです。

SNS上の評価も非常に高く、その実力は数ある国内ブランドの中でもトップクラスと言えます。

しかし、ココマイスターの「本当の評価が気になる」という方が増えてきました。

どういうことでしょうか。

その原因は、ココマイスターのマーケティング戦略にあります。

ココマイスターは、当初宣伝活動により知名度を上げていきました。

そのやり方が行き過ぎてしまいました。

商品の評価がブログなどで異常なほど高くなりステマが疑われました。

事実、ステマと思えるブログが散見しました。

そのため、ココマイスター本当の評価が知りたい人が増えることになったのです。

ココマイスターの本当の評価は、どうなんでしょうか。

結論から言えば、ココマイスター本当の評価はあなた次第です。

商品の評価は自分にとっていいか、悪いかということです。

ココマイスターの商品が、あなたにとっていいものであればココマイスターの評価は高いと言えます。

後悔しない財布のブランド選び方は、あなたが気に入ったかどうかです。




➡ココマイスター

ココマイスターの口コミ評価

口コミ評価

ココマイスターの口コミ評価は、SNS上や、ココマイスター公式サイトの口コミで悪い評価がほぼ見られません。

そのため、不自然でステマなのではないか?という疑惑が起こっています。

ココマイスター本当の評価というのは、口コミではどうなっているのでしょうか。

ココマイスターはステマ?

ココマイスターは高評価ばかり並ぶブランドです。

これは、ステマ(ステルスマーケティング)なのではないか?

という疑惑を持ってしまいます。

ステマとは一般的に“サクラ行為”や“ヤラセ行為”と言われるものです。

企業から金銭を受け取り、中立的な立場を装って良い評価をする行為のことです

結論から言えば、ココマイスターはステマはしていませんでした。

基本的に高品質な高額商品というものは満足度が高く評価が低くなることはありません。

例えば、あなたが5万円の革の長財布を買ったとします。

5万円も出して買ったのですから、失敗したと考えたくありません。

だから、良く見ようとする視点で買った商品に対して見ることになります。

自分で買ったものは余程のことがない限り満足度は高くなります。

元々、しっかりと作られている革製品は満足度が高い商品なんです。

つまり、ココマイスターはステマでありません。

ですが、ココマイスターは当初アフィリエイトによる販促を取り入れていました。

ココマイスターは、SNSではすでに人気になっていたためブログで宣伝活動する人が増えました。

結果、ココマイスターの高評価レビューブログが乱立する結果となったのです。




➡ココマイスター

ヴィトンやグッチなどのブランドと比較してみると

ココマイスター本当の評価

ココマイスターは海外ハイブランドであるルイ・ヴィトンやグッチなどと比較してみるとどうなんでしょうか。

ネームバリューで言えば、ルイ・ヴィトンやグッチの方が圧倒的です。

しかし、商品はルイ・ヴィトンと比較すればヴィトンよりも高品質な商品です。

ヴィトンは、品質よりもデザイン重視ですから、商品の品質は実はそこまでよくありません。

商品の品質面で言えば、ココマイスターはヴィトンと比べて差はありません。

デザインやブランド力で負ける分高品質で勝負しています。

また、生産数も少ないので製造コストがかかっています。

ブランドにこだわりがないのであれば、ココマイスターはおすすめなブランドともいえます。

最近は、このような高品質な革製品の国内ブランドが多くでてきました。

  • CRAFSTO(クラフスト)
  • 土屋鞄製造所
  • yuhaku(ユハク)
  • GANZO
  • PORTER(ポーター)
  • CYPRIS(キプリス)
  • JOGGO(ジョッゴ)

などなど、ココマイスター以外にも優秀な革製品を作る国内ブランドが多数あります。

これらブランドは、ハイブランドほどネームバリューは高くありません。

しかし、これらブランドの購入者はネームバリューを重視していません。

品質と質感を重視しているので、ネームバリューに関する口コミや情報も少なくなります。

本当に良い革小物を求めている人との相性が良いブランドと言えます。

しかし、ブランドバリューを重視している人には不向きとなります。

ココマイスターやこれら国内ブランドですが、価格はリーズナブルな印象を持つと思います。

しかし、革のグレードによってはハイブランドに劣らない価格帯の商品もあります。

ココマイスターやこれら国内ブランドの商品の多くは3万円~5万円程度で販売されています。

実は、ひと昔はヴィトンの財布も5万円あれば購入できました。

しかし、海外はインフレが進み、今では同じ品質でも10万円以上の高額な価格がつくようになりました。

どちらのブランドを選ぶかは、あなた次第です。

参考:ココマイスター製品の価格帯
■長財布(ラウンドファスナー/札入れ)
22,000円~120,000円
■二つ折り財布
22,000円~78,000円
■小銭入れ(ミニ財布)
10,000円~50,000円
■名刺入れ
12,000円~38,000円
■パスケース
12,000円~32,000円
■キーケース
12,000円~46,000円
ココマイスターの実物の商品は店舗で確認することができます。

ココマイスターひどい、ステマ、やめたほうがいいと言われる理由、後悔しないために評価口コミをチェック!

ココマイスターの店舗

ココマイスター本当の評価

ココマイスターの本当の評価を知りたいという人は、実際の店舗に行ってみることもおすすめです。

実店舗ではスタッフの方が丁寧に、より詳しくココマイスターの革小物について教えてくれます。

ココマイスター店舗一覧

■ ココマイスター銀座店
■ ココマイスター銀座並木通り店
■ ココマイスター自由が丘店
■ ココマイスター名古屋栄店
■ ココマイスター大阪心斎橋店
■ ココマイスター神戸旧居留地店
ココマイスターの店舗情報は以下より確認することができます。

 

機能性や縫い目、コバ、ジップなどの品質を確認してみましょう。

また、革財布のコバ処理の美しさやジップへのこだわりなど、他ブランドと比較してみるのもおすすめです。

また、サポート面についても評価項目の重要なポイントになります。

修理や不良品の対応、あるいはオンラインショップで購入したものの、思っていたものと違う場合の対応など。

ココマイスターでは“ココクラブ”という制度があります。

ココクラブ会員限定特典として永久修理保証制度イメージ違いの返品・交換の無料制度・ポイント制度があります。

イメージ違いの返品・交換を無料で受けてもらえる点は大きいポイントではないでしょうか。

※楽天市場におけるココマイスター正規店で購入した場合、ココクラブ特典を受けることができません。

ココクラブ特典を受けるには実店舗または、ココマイスターオンラインショップで購入する必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、ココマイスターの本当の評価についてざっくりと解説させていただきました。

ココマイスターがおすすめな人は

  • ネームバリューより、高級な革素材や機能性にこだわりたい人
  • 日本製の中で高品質なブランドにこだわりたい人
  • 持っていて貫禄のある本格的な革財布を持ちたい人
  • 長く使って修理対応してもらいたい人(永久無料保証)

SNS上や公式ホームぺージでのココマイスターの評価は高くなっています。

これらに疑念を抱いてしまう人もいますが、ブランドの実力は確かです。

革素材へのこだわりや職人の製造過程におけるこだわりなど品質は確かなものです。




➡ココマイスター

ココマイスターひどい、ステマ、やめたほうがいいと言われる理由、後悔しないために評価口コミをチェック!